RES GESTAE HODAI

クロスバイク(TREK FX7.4)&ミニベロ(FUJI Helion R)&クロモリロード(GHISALLO305)と過ごす日々。

Campagnolo Veloce(except crankset) + Helion R

カンパのヴェローチェをミニベロのヘリオンRに導入した話。

 

この話の発端は、エルゴパワーを使いたかったのがはじまり。だったので、最初はなんとか安く済まないものかと、シマニョーロを色々調べてみた。

しかしこのヘリオンR、もともとが8速クラリス仕様であるため、シビアな調整を日々したくなければ、ホイール交換して10速化した上でイコールプーリーを使うくらいしか手がなかった。

ちなみに色々調べてサードパーティ系の、カンパ互換スプロケも検討したけれども、こちらはあいにく品物が見つからず。

いずれにしてもなかなかの手間&使えるかどうかの保障なし。

 

というわけで一大決心をしてカンパフリーのホイールを買った上で、正面からカンパ化することにした。

ちなみに、調べればわかるけれども、これはすごく高くつく。

 

コストパフォーマンスを考えて、あるいは変速性能を求めてということであれば、迷わずシマノ。ホイールをそこそこの金額のものに変えた上で、ティアグラか105。というかミニベロなんだからホイールとブレーキだけ変えるだけでも十分だと思う。なんならホイールといわず、タイヤだけの交換でもいいくらいか。

 

見た目だけのもんだと言われても、金をドブに捨てたもんだと言われてもしょうがない。何が変わるかといえば見た目が変わる。そして、素敵なことに普通に走れる。

 

 まずは、451サイズでカンパフリーのホイールを探した。

 で、見つかったのが、

 

f:id:lucidity22:20170116211925j:image

タイレルのAM-9

 https://www.tyrellbike.com/webstore/products/details/53

 

これならカンパフリーとシマノフリーが選べる。

こいつを入手しさえすればあとはヴェローチェを入手して組み込むだけ。
と言いたいところだけれども、残念ながらブレーキはそのままではつかなかった。これはブレーキのアームの懐が短いためのようで、少々加工して、ようやく取り付けられた。

 

 f:id:lucidity22:20170116214357j:image

シフター 

f:id:lucidity22:20170116214404j:image

リアディレイラー

f:id:lucidity22:20170116214405j:image

リアブレーキ

f:id:lucidity22:20170116214422j:image

フロントブレーキ

f:id:lucidity22:20170116214732j:image

フロントディレイラー

 

長くなったけれども、実は今回言いたかったのは次の二つだけ。

 

① 今回の変更にかかった費用は車体価格を軽く上回ったことと、

② なにより満足しているということ。