RES GESTAE HODAI

クロスバイク(TREK FX7.4)&ミニベロ(FUJI Helion R)&クロモリロード(GHISALLO305)と過ごす日々。

買った物の記録 : タイレル AM-9(451サイズホイール)

既に書いた通り、ヘリオンRにヴェローチェを導入するためにホイールを買い換えた。

 

自分の懐具合からすると高いものだったので、記録だけ残しておく。

 

今回のホイールは、タイレルのネットショップで購入した。

普通であればショップで取り寄せてもらうのを好む方だけれども、取り扱いができないとのことで、自分で購入。

 

梱包は

f:id:lucidity22:20170124215523j:image

こんな感じの段ボールに入ってくる。

中には緩衝材と、中敷きの段ボールがあって、ホイールはその中敷きの段ボールに固定されていた。

f:id:lucidity22:20170124215628j:image

f:id:lucidity22:20170124215641j:image

f:id:lucidity22:20170124215703j:image

ちなみに中には、工具とクイックが同梱されている。

f:id:lucidity22:20170124215801j:image

このホイールは、購入時にカンパフリーとシマノフリーが選べる。

今回はもちろんカンパフリー。

f:id:lucidity22:20170124215920j:image

そして、リムはこんな感じ。

そこそこロゴの存在感があるので、クラシカルな雰囲気を目指すのであればお勧めしない。手組み一択になると思う。少なくとも自分の観測範囲では見つけることができなかった。

スポーティな雰囲気がいいのであればいいと思う。

 

ハブの音は、そこまで大きくない。ヘリオンRのノーマルホイール、クロスバイクTREK FX7.4のノーマルホイール(Bontrager TLR)よりはうるさい。

そこまで音が大きくないというのは、今乗っているギザロ(Bontrager RL)との比較したらの話で実際音が大きい方なのか、よくわからない。

ちなみにギザロの方は、前の歩行者に自分の存在を気づいてもらいたければ脚をとめるだけでいい程度には音が大きい。

 

追記:

肝心な使い心地を書いていなかった。

タイヤを変えたことも大きいが、それを差し引いたとしても、ノーマルホイールと比べるのは、同じ土俵に乗せることすら失礼というくらい楽に乗ることができる。

ノーマルホイールの時は平地でアウタートップを使うことはまずなかったのに対し、AM-9は使うことができる。ギア2-3枚分は楽になる。

スタンドにかけて、ホイールを空転させるとノーマルの倍以上の時間回転する。